ある組織の「組員」になりました

By | 2017年10月16日

2012年5月撮影

10月14日の総会をもって,NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会 の理事に就任いたしました。
男性としては,あの岡部宏生さん以来2人目。
大変名誉なことと感じております。

役職は「用心棒」。
さくら組をしっかりお守りいたします!
現在,サーバー環境を守っておりまして,たしかに用心棒なのであります。

本来は総会に出席するべきでしたが,日本賞のリハーサル・機器チェックの関係で出席が叶いませんでした。
さくら会には,一橋大学時代(2010~2014年)からずっとお世話になっており,ALSを始めとする希少疾患の抱える諸問題について多くを学ばせてもらっております。

同時に,多くの興味深い方々を紹介していただき,それらの方々との出会いが,今の私の活動を根幹を支えているといっても過言ではありません。

特に,さくら会を設立した橋本操さん(組長)や川口有美子さん(若頭)には頭があがりません。
まさに「組」のようなさくら会。

サーバー以外にも,はりきって用心棒の役割を果たしていきたいと思います。
それが,多くの重度障害者の生活を守ることになると確信しております。

さて,上と下の写真,決定的に違う部分があります。
しばらく,何なんだ!と議論になっていたのが懐かしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。