2017年は大晦日も病気祭りで父親は病院で年越し決定!

12月30日,南部国から陸路で江戸入り。
東北自動車道の上り線はいたって順調で,下り線の渋滞を横目にみながら550kmを走行。
途中,島根ナンバーをおちょくってか,何台かが車間を詰めてきました。
マキビシあればなぁ~

外環大泉ICから出る時,どうも違和感が。
延伸工事がずいぶん進んできているようで景色がなんか違う。
周辺の道路でもT字路の解消工事が始まっていたりと,練馬大根区の再開発も目覚ましい。
1年近くぶりの大泉ICだったので,その変わりぶりが新鮮でした。

実家に寄ると,父親の米人(よねと・71歳)がどうもおかしい。
右腕がうまく動いていないように見えました。
痴呆のような反応の鈍さもある。

明らかに脳のトラブルがありそうなので,18時ころではありましたが救急外来へ。
米人氏は『ダイジョブだ~』とか言ってましたが,ここは無理矢理にでも行ってもらったほうがいいと判断。
そうしたら,診察して1時間後に手術。
どうやら,頭蓋骨をくり抜いて溜まった血液を抜いたようでした。
病名は,慢性硬膜下血腫。

まあ,私からしたらどうしようもないほどの軽症!
米人氏,正月は病室で暮らすことになりそうですが,治る病気だから心配なし。
ムスメらとの明日からの沖縄行きの変更する必要もないですね。

しかし,即日診断して手術して,症状が改善するとはすごい~
医師に不安を感じ,医師のすごさを実感した1年でした。
来世は医者になろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。