「信じるものは救われる」の好例

2018年5月12日,丹波市の丹波の森公園で講演をしてきました(別途報告)。そこに参加してくださった言語聴覚士の九門さん。私の講演内容を素直に信じて即実行。いやー,名前は変化球だけど行動はド直球!

私が話したとおり,その日のうちにアイトラッカーを注文!

そうなんです。この実行力が必要なのです。講演で「ウンウン」頷くのもいいのですが,それで終わっている人が実に多いこと。。。何度も同じ講演を聞いても意味はありません。実行しなくては。講演や研修に足繁く通う人の多くは勝手に満足してアウトプット無しで終わってます。まったく意味がありません。

さて,九門さんの注文タイミングがよかったのか、次の日(本日)到着。すぐにEyeMoTを試してみたそうです。

Facebookに全体公開で書き込みして「カミングアウト」もすんなり実行してくれました。きっと,これからいいことが起こると思いまーす。これからの報告も楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。