2回目の骨髄ドナー候補のお知らせがありましたが。。。

骨髄バンクから分厚い封書が届きました。そう,「ドナー候補」のお知らせです。

もう20年前,看護学生の友人に勧められて登録した骨髄バンク。10年ほど前にも同じような通知がきましたが,「体重オーバー」のため次のステップに進めず。。。

今回は,病気治療中ということで却下されるでしょう。適合した患者さんには申し訳ないです。

このHLA型というのは,本来は家族以外で一致するのは極めてまれ。資料にもこのように説明されています。

赤血球にABO式の血液型があるように、白血球にもHLA(ヒト白血球抗原)型があります。HLA型は、両親から半分ずつを遺伝的に受け継ぐため、兄弟姉妹間では4分の1の確率で一致しますが、非血縁者間(他人)では、数百万〜数万分の1の確率でしか一致しません。

http://www.med.osaka-cu.ac.jp/labmed/HLA.pdf

極めてまれな適合率にも関わらず,今回適合したのですから,その患者さんはもはや他人ではないような気もします。どこかで血がつながっているのかなとも思えます。実際,そうなのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。