出雲国スイッチ工房「ラッチ&タイマー β1」



完成品の注文について

自身による製作が難しい場合,こちらから完成品を注文することができます。


ラッチ&タイマーの作り方

原則として,Arduino および電子工作の経験者を対象としています。
工作を簡単にするため,ブレッドボードのユニバーサル基板を使用します。
機器の動作は上記動画を参考にしてください。

<9月30日に製作ワークショップを行います>
第11回 重度障害者のコミュニケーション支援のためのワークショップ
▽マイコンでラッチ&タイマーをつくる!2(佐世保場所)▽

  1. 部品をそろえる部品表
    ほとんどの部品は秋月電子通商(通信販売)から購入できます。
    通信販売では1個単位で購入できないものもあるので,総額がやや高くなっています。
    Arduino はさまざまなタイプがあり,ピンの配置が異なると手順3の配線も異なります。
  2. Arduino にプログラムを書き込むソースコード
    Arduino Nano の互換製品を使用していますので,「ボード」設定は “Arduino Nano” としてください。
  3. ユニバーサル基板に部品を取り付ける
    Arduinoのはんだ付け箇所が多いので,付け忘れに注意してください。
    ダイオードの方向を間違えないようにしてください。
    リレーは文字が読める方向(●が左下)に取り付けてください。
    ブレッドボードの電源(+)・GND(-)を逆に接続すると部品を破損します。
    ミニプラグ(メス)はステレオ用のため,モノラル用途で使えるようにしてください。
  4. ケースに部品を取り付ける
    ミニプラグ(オス)およびミニプラグ(メス)のケーブルは,ケースの外側から通す必要があります。
    ボリュームはフタの中心部に穴をあけて取り付けます。
  5. 動作確認
    Arduino 基板上のリセットボタンを押して,LED全点灯したのちに,スピーカーから「ピッ」と鳴ることを確認してください。
    ミニプラグ(メス)にスイッチを接続して,動作を確認してください。

    • LED(白)消灯:ラッチ動作モード
    • LED(白)点灯:タイマー動作モード
    • LED(緑):リレーが動作状態の時に点灯
    • LED(赤):タイマー動作モード時に1秒毎に点灯する
  6. ケースにミニプラグを固定してラベルシールを貼る
    ソースコードに同梱されているラベルシール(ラベル屋さんデータ)をケースに貼ります。
  7. ボリュームにつまみを取り付ける
    ボリュームは取り付け位置固定用の小さな穴がもう一つ必要です。
    基板の固定には両面テープやホットボンドをご利用ください。
  8. 完成!