【元気玉】在宅でも貢献!COVID-19 の治療薬研究に参加しよう。

Hits: 734

現代の元気玉,グリッドコンピューティング

「元気玉」はドラゴンボールだけの技ではありません。なんと,実世界にも「元気玉」はあるのです。それが「グリッドコンピューティング」。

グリッドコンピューティングとは,世界中のコンピュータ(個人のPCなど)の余力を使って,スーパーコンピュータ以上の計算パワーを集める技術です。私は,マジメな宇宙人探索プロジェクトの SETI@home をかれこれ15年はやっていました。けっきょく宇宙人は見つかりませんでしたが!

Folding@home

そして,COVID-19 の研究にもグリッドコンピューティングが導入されています。それが Folding@home

ごく簡単な手続きで世界に貢献できるようになる,すばらしいテクノロジーです。在宅でもCOVID-19の治療薬開発にに関われるのです。

ぜひ参加してみませんか?

インストール

システムのインストールは簡単!以下の動画を見ればわかると思います。

以下,インストールと基本的な設定を紹介します。

まずは,Folding@home にアクセスしましょう。

サイトが表示されたら「START FOLDING NOW」をクリック。

さらに「DOWNLOAD NOW!」をクリック。

アプリのダウンロード画面になります。ここでは,WIndows用アプリの例になります。

他のアプリのように,ダウンロードしてインストールすればいいわけです。

よくあるウィザードです。「Next」を連打して最後に「Finish」。このあとブラウザが起動します。

「Start Folding」をクリックすれば解析アプリが起動します。パソコンを起動しているだけでCOVID-19の研究に貢献できます。

(任意)チームに所属しよう

ひとりでやっても治療薬開発に貢献できますが,チームに参加したほうが楽しいでしょう。ポランの広場でもチームを作ってみましたので,ここをお読みの方はチームに参加してみませんか。

「Set up an identity」を選択して「Start Folding」をクリックすると名前やチームを登録する画面が表示されます。

「Name」は任意です。「Team Number」は既存のチームか,自分で新規作成したチームの番号を入力します。

ポランの広場のチーム番号は「256823」です。ぜひ一緒にCOVID-19の研究に貢献しましょう!こちらからランキングとメンバーが確認できます。

貢献量は,右側の“438”のように表示されます。もちろん,世界中でのランキングなども確認できます。

PCの負荷を調整したい場合は,Light・Medium・Full をいじってください。Fullだと全力疾走してくれますが,ファンがうるさくなるかもしれません。「Only When idle」を選択しておけば,PCを使っていないときに貢献してくれます。

遅くなる?電気代は?

負荷を「Medium」にして「Only When idle」にすれば,ほとんど遅くなることはないですし,電気代も目立って増えることはないでしょう。

一方で,「Full」にして「While I’m working」にするとPCの動作に影響を与える可能性が高く,電気代も増すかもしれません。ただし,ノートPCの場合は,もともと省電力ですので電気代への影響は少ないと考えられます。

現代の元気玉,ぜひやってみませんか。