プロフィール

Hits: 19998

prof_201610

東京都中野区出身。大学進学を期に岩手県盛岡市へ。大学院・会社勤務・大学勤務など15年間を過ごしました。
一橋大学助教としての勤務を経て現在は島根大学助教(2016.10現在)。
やっぱり私には地方での生活がしっくりきます。

自己紹介

  • 名前: 伊藤 史人(いとう ふみひと)
  • 所属: 島根大学総合理工学研究科機械・電気電子工学領域 助教
  • 出身地: 東京都中野区,岩手県東磐井郡千厩町(旧名)
  • 生年月日: 1975年5月27日
  • 学位:博士(ソフトウェア情報学)
  • メール:fumi[あっとまーく]ecs.shimane-u.ac.jp

研究テーマ

学歴

  • 1995-2001年 岩手大学工学部機械工学科
  • 2004-2011年 岩手県立大学ソフトウェア情報学研究科

職歴

  • 2001年 株式会社デジタル・カルチャー・テクノロジー プロダクトエンジニア
  • 2006年 岩手県立大学 研究員
  • 2007年 (兼務)大学発ベンチャー 株式会社i-Plants Systems 取締役
  • 2008年 (兼務)岩手県産業技術短期大学校 非常勤講師
  • 2010年 一橋大学情報化統括本部情報基盤センター 助教
  • 2014年 島根大学総合理工学研究科 助教

受賞

  • 2019年7月 令和元年度島根大学総合理工学部機械・電気電子工学科 特別賞
  • 2019年3月 総務省ICT地域活性化大賞2019 優秀賞受賞
  • 2019年3月 WSA SMART SETTLEMENTS & URBANIZATIONグローバルチャンピョン
  • 2018年10月 日本リハ工学研究会 福祉機器コンテスト 学生部門優秀賞(指導)
  • 2018年9月 平成30年度島根大学研究表彰 および 優良教育実践表彰
  • 2018年3月 東京都オープンデータコンテスト 入賞&特別賞
  • 2018年2月 Zero Project Award 2018 (Innovative Practice 2018 on Accessibility)
  • 2017年10月 第44回NHK日本賞2017 クリエイティブ・フロンティア部門 最優秀賞
  • 2017年9月 第16回情報科学技術フォーラム FIT 奨励賞
  • 2015年12月 HCG シンポジウム2015 オーガナイズドセッション賞
  • 2015年12月 HCG シンポジウム2015 インタラクティブセッション賞
  • 2015年10月 日本リハ工学研究会 福祉機器コンテスト 学生部門最優秀賞(指導)
  • 2015年3月 Google インパクトチャレンジ 2014/2015 グランプリ賞
  • 2007年7月 CARS2007 POSTER AWARD 1st Prize, H. Haneishi, S. Yuzuki, M. Kawanishi, M. Suzuki, F. Itoh, A. Doi, “Improvement of 2D/3D registration technique for acquisition of three-dimensional knee joint motion.”, 21st International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery. Held on June 27-30, 2007 at the ICC Berlin, Germany.
  • 2008年11月 スタートアップ部門優秀賞, 伊藤史人, “株式会社アイプランツ・システムズ”, 第四回いわてビジネスグランプリ財団法人いわて産業振興センター
  • 2007年10月 アート&テクノロジー東北・審査員特別賞, 伊藤史人, 土井章男, “Volume Extractor Ver.3.0 (3次元医用画像情報システム)”, 2007.
  • 1997年1月 NHK「青春メッセージ1997(旧青年の主張)」東北大会優勝&全国大会出場

社会活動

  • 情報ボランティア ポランねっと 設立
  • 任意団体 ボランティア朔風 外出支援・余暇活動支援ボランティア
  • 電子情報通信学会発達障害研究会 会計幹事
  • 電子情報通信学会 HCGシンポジウム運営委員
  • 電子情報通信学会 特集号編集委員
  • IEEE HISSシンポジウム査読委員
  • ウェブアクセシビリティ推進協会会員
  • NPO法人ICT救助隊 難病コミュニケーション支援講座 講師
  • NPO法人さくら会 理事