国交省のプローブ情報収集ツールにバリアフリーマップアプリ「WheeLog!」が採用されました

By | 2017年9月13日

2017年5月26日に公開したバリアフリーマップアプリ「WheeLog!」。
『あなたの行けた!』が『誰かの行きたい!』になるアプリです。

私はCTO(技術責任者)をつとめており,足掛け3年,協力会社のナノコネクト・織田友理子さんや吉藤オリィくんらとアプリの開発・普及に取り組んでいます。

現在,1,700名ほどのユーザーを抱えるまでになり,スポット数も4,000件を超えました。
新参者のバリアフリーマップアプリとしては,素晴らしい船出になったといえるでしょう。
一方で,まだまだ使いにくい点も多く,みなさまにはご迷惑をお掛けしております。

改善点は山盛りではありますが,本日ひとつ大きなニュースが飛び込んできました。
バリアフリー情報環境の改善に貢献でき,かつアプリの普及にもつながると考え,国交省の公募に申請していました。

その案件が無事採択になったのです。

ちょっと大変そうですが,楽しそうでもあります。

使いにくい点は必ず直していきますので,今後とも「WheeLog!」をよろしくお願いします。

One thought on “国交省のプローブ情報収集ツールにバリアフリーマップアプリ「WheeLog!」が採用されました

  1. Pingback: 初☆Yahoo!ニュース掲載 | ポランの広場|福祉情報工学と市民活動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。