AIに読書感想文を書かせてはいけない??

Views: 196

2022年末から、Webやテレビでも Chat GPT が話題に上らない日はありません。

この5月に開催されるG7でもAIの使い方のルールを各国首脳で検討するほど、人類の重大関心事になっています。

AIの利用でいつも話題になるのは、「読書感想文をAIにやらせるのはけしからん!」論。

読書という苦行をラクしてやってはいけないという主張です。

誰だって読みたくない本を読むのはつらいし、書くのはもっとつらいもの。

でも、オトナは子どもに強制してしまっています。

本来、教育というのは自主的な学びを喚起させるものです。

個性に応じた知識や考え方を深めるための支援が教育でしょう。

誰にとっても、新しい知識や考え方を知るのは楽しいことです。

何にも興味のない子どもなんていません。

頭ごなしに、宿題として「コレ読んで感想書いてこい」では、読書に興味を持てないだけでなく、それ自体を嫌にさてしまうかもしれません。

読書が楽しいと思えるように促すのが教育の役割のはず。

書籍は人類の叡智の結晶ですから、読む価値はあります。

その点、読書感想文の宿題は、本が嫌いな子どもを量産していると思わざるを得ません。

読書感想文をAIに聞いて、興味が持てそうなら原文を読んでもいいのではないでしょうか。

だから、たくさんの読書感想文をAIに聞けばいい。

実際に読んでみて、AIの感想とはずいぶん違うと感じるかもしれないし、もっと他の本を読んでみたくなるかもしれません。

さらに、本の中だけではなく、実際に手や体を動かして試したくなるかもしれません。

読書で得た感動を、リアルな体験にしてこそ意味があります。

読書感想文のような超絶つまらない作業を、教育の名のもとに押し付けるのは、「オレらの時代は~だった。だからお前もやれ。」という部活のイビリに近いもの。

だって、教諭だって親だってそんなに本を読んでないでしょう?

たくさんの本を読む親なら、きっと家にたくさんの本があるでしょう。

子どもは自然とその本を手にとって読んでいるものです。

面白ければ、誰に指図されなくても読む。

どんどん読む。

新しいテクノロジーは、新しい使い方があります。

古いやり方のまま、新しいテクノロジーを組み込んでも新しい価値は生まれません。

シリコンウエハーは、集積回路に使ってこそ意味があり、それを石板に使ってもどうしようもなく効率が悪いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です