EyeMoT公開版の新聞記事

20160311_01
視線入力訓練ソフト「EyeMoT」(アイモット)が無事公開されました。
それに合わせて,山陰中央新報(3月10日付)にそれに関する記事を掲載していただきました。

写真中,車いすに乗っている少年は筋ジストロフィーの患者さん。
養護学校での試用実験の模様です。
このような機会を積み重ねて改良してきました。
もちろん,ダウンロードして試用してくれた方々の意見もたくさん取り込んでいます。

プログラムを担当した横田君は今年度で卒業ですので,次期EyeMoTはガラリと雰囲気を変えての再登板の予定です。

なお,共同開発者・研究者はいつでも募集しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。