「狭い大和そんなに急いでどこにいく」

「狭い大和そんなに急いでどこにいく」なんて言葉を、出雲国に来てなんとも恨めしく思う一年でした。
ええ、大和は広いです。

さて、蝦夷・江戸在住の時は「えきねっと」にはいつもお世話になっていました。
去年から出雲国在住となったため「えきねっと」は疎遠の仲に。
出雲国には電気籠がほとんどないので、そもそも使うこと自体が減りました。
出雲国出国は飛行籠が普通です。
もちろん、便利なパスポートレス。

しかし、飛行籠は事前の予約が面倒ですし、待ち時間がアホくさいです。
飛脚電気籠ならそんなことはありません。
「えきねっと」のやさしさを出雲国でもと思ったのですが、意外にもその道は箱根の山のごとく険しいものでした。

JR新幹線の「インターネット予約サービス」をまとめてみて思ったこと。シンプルな予約システムはなぜできないのか。

JR新幹線の「インターネット予約サービス」をまとめてみて思ったこと。シンプルな予約システムはなぜできないのか。

まず、出雲国から江戸にたどり着くには東海道を通るので、あの強大なJR東海様の手形が必要です。
JR西日本の特急手形は吉備岡山までで、そこからは山陽飛脚線。
台所新大阪からJR東海様の東海道飛脚線。

インターネット予約のできるサービスには、「e5489」・「EX予約(EX-IC)」があり、さらには「J-WEST」なるサービスもあるようで、その位置づけがイマイチ分かりにくいのです。
結局、「e5489」が「えきねっと」相当なのはわかったのですが。

恐ろしいのは、「e5489」のきっぷ受け取りのルールです。
東海道飛脚線を含む経路の場合、たとえば、江戸から出雲国までのきっぷは、江戸では受け取りができないないのです!
ただし、北陸飛脚線のきっぷの場合は、江戸23区内なら受け取れるという、高IQだけが理解できる仕組み。
(↑ あってますか??)

公式サイトによると。。。
「※JR東日本の駅では、東海道新幹線などJR東海エリアを含む予約をお受け取りいただけません。」
とありますから、きっとそうなのでしょう。

出雲国→江戸はいいとしても、帰国便で地雷を踏む可能性がありますね。
せっかくのパスポートレスだというのになんということでしょう。

明日は、飛脚電気籠で江戸に参勤交代です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。