【お盆の講座】重度障害児の「視線アート活動&eスポーツ」

Views: 317

日本肢体不自由児協会の夏の講習「肢体不自由のある子どものWindowsとiPadOS活用講習会」。

ここ数年、講師としてお話しています。

今年は、以下。

肢体不自由のある子どものWindowsとiPadOS活用講習会

肢体不自由児の表現を豊かにするコミュニケーション支援機器(視線入力装置とiPadなどのタブレットPC)の活用方法について、「基本設定」「ソフトの選択」「入力方法」「授業での活用実践」などを、専門的立場から指導にあたっている第一線の講師による講義と実習により受講します。

夏期:令和5年8月15日(火)~16日(水) 
   *6月13日11:00~先着順に参加申込みを受付けます。

https://www.nishikyo.or.jp/action/training.html

去年までは、いわゆる How To がメインだったのですが、今年は「楽しむ!」を全面に出した内容にしようと考えています。

  • 重度障害児と視線入力 ~アート活動から学習利用~
  • 重度障害児とeスポーツ ~誰も取り残さない方法~

これを聞けば、EyeMoTセンサリーアートやEyeMoTインクルーシブゲームの環境を用意できるようになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です