【重度障害児のクリエーター】プログラムを勉強してEyeMoTのゲームを作ろう!

Views: 73

プログラマというお仕事は重い身体障害があってもやれるものです。ただ、どうしても学習する機会が少なかったり、身近に相談できる人がいなかったりで、身近に重度障害者のプログラマがいるわけではありません。

そこで、WORDL DREAM SCHOOLさんは、重度身体障害のある子どもを対象にCG・ゲームクリエーターを育てるスクールを開講するとのことです。

ワタクシは、本スクールの加藤さくらさんから相談を受け、このクリエーター育成プロジェクトに協力することになりました!

具体的には、スクールでのちょっとしたアドバイスと、成果物をEyeMoTゲームとして公開することを予定しています。

すでにたくさんのユーザーがいるEyeMoTシリーズ。その一部としてゲームを公開することで、確実にユーザーに届けることができ、フィードバックもしっかりもらえます。

フィードバックのない開発はモチベーションが維持できず、結局は頓挫してしまいます。そして、開発者の思い込みによる作り込みはとてもキケンなのです。

ワタクシとしてはEyeMoTシリーズとしてこんな名前がいいかなと妄想しています。

  • プロトタイプシリーズ
  • 生煮えシリーズ
  • ひよっこシリーズ
  • 若獅子シリーズ
  • 2軍シリーズ ほか

もし、重い身体障害があっても、プログラミング等に興味のある方がいましたら、スクールにお申し込みください!

重度身体障害がある高校生〜20代でゲーム開発・3DCG制作に興味関心がある方対象


🎮ゲーム開発育成クラス(game creator class)開講します!

presents by WORLD DREAM SCHOOL(NPO法人オンザロード)

クラスの内容:ゲーム開発言語UNITYの学習、CG など
クラスの頻度:週1回1時間程度のマンツーマン授業と自習課題など ※授業の曜日や時間は相談可能です。
対象:重度身体障害を持つ若者(高校生〜20代程度) ※ご自宅にパソコン、インターネット環境があり、簡単なパソコンの操作ができる方
費用:無料
クラスの時期:2023年11月〜2024年3月
募集人数:30名 *応募多数の場合は選考

【過去のクラス】
https://wds.world/class/WX0j6fDQ

【説明会アーカイブ動画】
https://youtu.be/hkY3yZiltRc

▼コース詳細
https://wds.world/event-3

▼コースお申込みフォーム
https://forms.gle/nL3Nrjp3NgrwFJ537

https://wds.world/event-3

ちなみに、ゲームプログラムをしっかり行うには、基本的な数学や物理の知識が欠かせません。

その辺もサポートしましょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です