視線入力訓練ソフト EyeMoT 2D


ここは,視線入力訓練ソフト EyeMoT 2D のページです。
風船割りゲームなどのEyeMoT 3Dこちら


重度障害者にとって,視線入力は強力なコミュニケーション手段になり得ます。しかしながら,視線入力装置はたいへん高価であり,一部の人を除いては気軽に利用できるものではありませんでした。

そのような状況で,2014年にローコスト視線入力装置が登場し,視線入力環境が一気に身近になりました。

視線入力訓練ソフト「Eye MoT  2D」 は,ローコスト視線入力装置を使って,初歩的な視線入力訓練を行う目的で開発されました。
子どもでも楽しみながら興味を維持しながら訓練できるように作られています。

また,失敗体験をコントロールして無用な精神的負担を与えないように配慮されています。
特別支援学校をはじめ,重度障害者を抱える病院などにおいて,視線入力の導入時にお気軽に利用していただければ幸甚です。

島根大学総合理工学研究科機械・電気電子工学領域
ヒューマンインタフェース研究室
担当:伊藤・横田・縄手


ダウンロードページへ


EyeMoT 2Dの主な特徴

バージョンアップしました(2017年12月5日)

  1. 体系的に視線入力を訓練できます
  2. 視線動作の履歴を表示します
  3. 複数ユーザーを登録できます
  4. 注視以外にマウスクリックやジョイスティックボタンで決定できます
  5. 外部マウスエミュレータアプリに対応します(HeartyAi や miyasukuEyeCon 等)
  6. 視線ログを2次利用できます
  7. 文字入力を失敗体験なしに訓練できます

試作版をご利用いただいた方からは多数のご要望が寄せられました。
EyeMoT 2Dは,それらの要望を取り入れたソフトとなりました。
この場を借りて感謝申し上げます。


 視線入力訓練ゲームの紹介

ゲームを開始する前に,キャリブレーションを実施することをおすすめします。
特に,ユーザーを変更する際は必ず実行してください

① 画面を見る

画面を見る訓練です。見ているところが光ります。一定時間後終了します。

② 視線を動かす

随意的に視線を動かす訓練です。ゲーム終了までにかかった時間がスコアとなります。
画像を差し替えたい場合はこちらを参考にしてください。

③ 対象を見る

対象に視線を向ける訓練です。動物を見ると鳴き声を聞くことができます。制限時間内に見た動物の数がスコアとなります。

④ 注視する

注視の訓練です。的の中心を見ると的を撃ち落とすことができます。すべての的を撃ち落とすまでの時間がスコアとなります。

⑤ 追従

追従の訓練です。画面上を移動している魔女追います。魔女を見ることのできた時間がスコアとなります。

⑥ 動いているものを注視

動いているものを注視する訓練です。動いている風船を注視して撃ち落とします。すべての風船を撃ち落とすまでの時間がスコアとなります。

⑦ 文字入力の練習

ランダムに表示されたひらがな・アルファベットを入力していきます。間違った文字は入力されませんので安心してトレーニングすることができます。

⑧文字入力で対戦

単語を入力する練習です。入力ミスはカウントされ,一定数以上のミスでゲームが終了します。

⑨ピアノ演奏機能

視線でピアノが演奏できます。光っている鍵盤を追っていくことでメロディーになります。

どのゲームも簡単に遊ぶことができます。
ぜひ楽しみながら視線入力訓練にご活用ください。