視線マウス「miyasuku EyeConLT」の登場!

Hits: 7010

広島県のソフトウェア開発会社「ユニコーン」は,本業の受託開発を行いつつ,福祉系ハードウェア&ソフトウェアも開発販売しています。
ユニコーンは,miyasuku プロジェクトにより福祉分野の各種製品を世に送り出しています。
そして,この度,視線入力装置 Tobii EyeX Controller を利用する miyasuku 「EyeConLT」 を発表しました。

私たちのグループで開発している視線入力訓練ソフトウェア「EyeMoT」にも組み込んでいます。

これまで,高精度な視線入力装置 Tobii EyeX がありながらも,そのままではマウスとして使うことができませんでした。
「EyeConLT」は,ソフトウェアキーボードを含む意思伝達ソフトウェアとして動作する「EyeCon」の簡易版です。
マウス機能しか動作しませんが,逆を言えばマウスで操作できるソフトウェアの多くを視線で利用できます。

さらに!このマウス機能はジョイパッドのスイッチでクリック動作を実現してくれました。
マウスカーソルの移動は視線で,クリックはスイッチで行うことが可能なわけです。
スイッチボックスは,市販品でもよいですし,miyasuku 「keypad」でももちろんオッケー。

miyasuku「EyeConLT」

さて,このソフトウェアはシェアウェアながら,ユーザー登録すれば無料で使えます。
しかし,当然ながら,「EyeConLT」 にもたくさんのコスト(人件費等)がかかっています。
使ってみて便利と感じた場合はカンパをお願いいたします。

視線マウス「miyasuku EyeConLT」の登場!” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。