第42回マジカルトイボックスで出展

By | 2016年7月17日

20160717_02
第42回マジカルトイボックス に出展のため参加しました。
奇遇にも,熊本大学の大杉先生と隣のブース。
視線入力装置を販売するクレアクトや,最近新しい視線ソフトを出したオリイ研究所も参加していました。
視線入力関連のものが多いのが印象的でした。

今回の出品物はいつもの。
ワンスイッチゲーム一式・ワンスイッチWiiコントローラおよび視線入力訓練ソフトEyeMoT。
筋電スイッチのゴーシュも持参していましたがマンパワー不足のため展示せず。

私の島根大学のブースには何人もの障害児たちが立ち寄ってくれました。
ありがたいですね。

3歳のSMA1型の男の子がはじめてやった視線入力体験はとても印象的でした。
実質的にはじめてやったにも関わらず,塗り絵はをどんどんこなし,さらには射的も完全クリア!
SMAっこのポテンシャルを改めて感じることができました。

幼児の場合は,スイッチや視線などの入力方法も重要ですが,学習支援はそれ以上に重要でしょう。
私はその面ではまったくの素人。
それでも相談がちょくちょくあるので,何とかしたいなと考えています。

20160717_01

One thought on “第42回マジカルトイボックスで出展

  1. Pingback: 視線装置の固定&SMA1型男児の場合 | ポランの広場|福祉情報工学と市民活動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。