サポートステーション絆市民公開講座「視線入力から始まる新しいコミュニケーション」(2017年9月26日)

9月26日に松江市社会福祉協議会主催の研修会が開催されます。
社協の担当者さん,たいへん意欲的なタイトルを考えてくれました。
タイトル負けしないように頑張りたいと思います!

ただ,チラシの写真がちょっと横に伸びていて困っているのですが。
しかも,市社協の公式サイトからダウンロードできるチラシのファイル形式が docx !
同ページにある他の講演会はきちんとPDFなのになあ。

自前でPDFにして以下に掲載しておきます。
お近くの方,よろしくお願いいたします。

PDFダウンロード

以下,公式サイトの募集ページから引用です。

サポートステーション絆市民公開講座「視線入力から始まる新しいコミュニケーション」

視線入力から始まる新しいコミュニケーション
~IT時代をより楽しく生きる~

ALSなどの神経難病患者や重度障がい者のコミュニケーションについて、基礎知識と支援機器の紹介を交えた講演会です。症状が進行した方のQOLや対応方法を考える機会として、現在支援に関わる人、あるいはこれから支援に関わろうとする方にぜひ知っていただきたい内容です。
☆当日は視線入力やスイッチだけで遊べるゲームが体験できます☆

【日 時】平成29年9月26日(火)13時30分~15時30分
【会 場】松江市総合福祉センター 4階 教養室
【参加費】無料
【問い合わせ】電話 60-0400(担当:梶谷、花井)
【申し込み締切】平成29年9月20日(水)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。