サイコーにかっこいい男に会いました。その名は miyo。

灼熱の2018年7月15日,浅草のど真ん中で行われた WheeLog! 超会議。アプリのヘビーユーザーが全国から20名ほど集まりました。そこで,本気でかっこいい男に会いました。その名は miyo(みよ)。本名の三次(みよし)からでしょう。

(追記)

18歳のときのバイク事故で車いす生活になったそうです。詳しくはこちら

去年から車いすで世界一周に出発し,一時帰国はあったものの,この5月に23カ国をまわって無事終えました。熱心な WheeLog! のユーザーでもあるので,アプリとからめて旅を語ってくれました。ほんの10分ちょっとでは足りない内容でした。

(ICTはつまるところ,人生のお助けツール。われわれの WheeLog! がその役割を果たしてくれているのはうれしいものです。日々,たくさんの人が人生の足跡を刻んでいます。)

旅の途中では,たくさんのハプニングが起きた一方で,人の優しさに助けられた数々のできごとも多かったそうです。miyo さんの心地よいオーラがそうさせたのでしょうね。見事,大きな事故もなく帰ってくることができました。

miyoさんのブログより

miyo さんのブログには,楽しくもツラそうな報告がたくさん刻まれています。読み応え十分!すぐに本にできそうですね。ブログの中から,特に心に響いた一節を紹介します。これは,旅をする人でなくても同じだと思います。

【感謝】世界一周から帰国しました!」より

これからどう生きていくか?

今回の旅を通して常に意識することがありました。
明日死ぬとして、後悔のない生き方をしているか?
明日体調が悪くなって、体が全く動かなくなるかもしれない。

今が一番若くて元気。
いつかは俺も・・なんて言っている間に人生は終わってしまう。
だったら好きなことをやって生きていこうと誓いました。

もしかしたらそれでお金が続かなくなる日が来るかもしれない。
でも目一杯やってダメだったのならそこに後悔はないはずです。
死ぬ前に「あ〜やっぱり自分に嘘つかないで○○しておけばよかったなぁ〜」なんて人生だけにはしたくない。

じゃあ自分に何が出来るのか?
それは伝えること。

とにかく旅は素晴らしい。
ただ馬鹿みたいに単純なテーマを不器用ですが伝えていきたいです。

車いすでの移動は,隣町まで行くのだって大変。なのにmiyo さんときたら23カ国も。。。

たしかに,もっともっとたくさんの国を車いすでまわった人もいるでしょう。ずっと過激な場所にトライした人たちもいるでしょう。しかし,それらは比較するものではありません。人によっては,駅前の商店街に出かけるだけでも十分にエクストリームな冒険なのです。

リアルな経験を通して何を学んで何を血肉するかだけが重要です。miyo さんは勇気をもって車いすでの世界一周を選び,そしてやり遂げました。「旅」をトレーニングジムにして限りある人生でタマシイを鍛えてきたのです。

やり遂げたのだから,間違いなくかっこいい!

世間はすぐに比較して自分の幸福度合いを知りたがるけど,ほんとうはそんなのは必要ないです。自分の目標は自分で見つけて,それを最大限の勇気と努力でやることが幸せに通じる最短の道。もっといえば,チャレンジできているなら,それだけでサイコーの人生。

そう考えれば,みせかけだけの成果は結局何にもなりません。ハッタリだけの人生では,きっと死ぬときに「この人生はなんだったのか。。。」となるにのは間違いなし。お金を見せびらかしたり,人よりたくさん楽しんでいることをアピールしている暇はありません。

さて,ひとつの大仕事をやり抜いた miyo さんお講演会が予定されています!

私はすでに申し込みました!いまからすごく楽しみです。

以下,申し込みページから抜粋しました。

「車いす単独世界一周」講演会のお知らせ

日程:2018年9月15日(土)14:00~16:00
開場:13:30~
金額:1,000円(当日現金でお支払い)
定員:50名(車イス用スペースあり)
内容:
・旅中に起こった波乱万丈エピソード
・旅の準備で特に気をつけた事
・H.I.S.スタッフとトークセッション(ユニバーサルツーリズムデスク×世界一周旅行デスク)

場所:〒100-0004 東京都千代田区大手町2丁目6番2号日本ビル4階
アクセス: JR東京駅 日本橋口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅 B8a出口すぐ

お申込み方法:下記の「お申込はこちら」ボタンからご予約ください。
※お申込みできない方はお電話にてご予約も承っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。