2018年を生き抜けました。

2017年後半に告知された「肺がんステージ4」。

もう死んでてもおかしくないのに,こうしてどっこい生きています。

私は,そんな深刻なはずの病気でも何ら悲観していません。

なぜなら,それが自分にとって必要な現象だからです。

私は,自分の人生に自信を持っています。

人と比較して自分の人生を評価しません。

生まれる前,自分で設計してきた人生と比較してのみ今の人生を評価します。

来年はどうなるかわかりませんが,そんな調子で生きていく予定です。

みなさま,2019年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。