あの日(前編)。

Hits: 115

現在、2011年4月6日23時。

あの日から早4週間。

生き残ったすべての人に「あの日」は深く刻まれている。

2011年3月11日、日本の歴史にも深く刻まれる日となった。

私の「あの日」のあの瞬間は、盛岡郊外にある矢巾町の産業技術短期大学校にて、教え子たちにしばし会い別れたところであった。

11日は卒様式であり、最後に会っておきたいために学校に寄ったのだった。

別れた後は、車に乗り込み、勤務先の大学の事務員さんに電話連絡をしていた。

気づけば車内で異様な揺れ。

目の前の4階建ての鉄筋コンクリートの校舎がユサユサと目で見て分かる程に揺れている。

車内はまるで荒れた道を走行しているかのような激しい揺れ。

振幅は大きくそして深い。

あらゆる角度方向に体が揺すられた。

数分は続いたであろう。

電話先の東京では、こちらが揺れ出したときはまだ揺れていない。

この揺れ方から、震源は東北か近いところということが分かった。

数十秒から1分程度後か、直に東京も揺れだしたようであった。

双方の安全のため電話を切った。

矢巾の大学の周辺は、東北新幹線の高架がある以外はほとんどが田んぼである。

そのため、田んぼを見渡す限りは地震を感じさせるものは何もない。

唯一、ハクチョウたちはいつもより騒々しい。

近くの高校生は、揺れながらも農道をジョギングしている。

まったくのどかなものであった。

車内でラジオ付けると、こちらの状況とはまったく世界を異にした放送が飛び交っていた。

(後編に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。