【募集中】山形場所2019「ゼロからはじめる視線入力」

チラシ

山形には,前職の仕事や遊びで行ったことは何度もありましたが,講演や研修で行ったことはありませんでした。そこで,現地の方の協力を得て開催することとしました。完全に手弁当での開催です。

最近,メキメキと実力を伸ばしている,山形市出身&岩手県立盛岡青松支援学校の菊池直実さんにはウワサのアミラーゼについてお話してもらいます。そして,去年ブレイクした西部島根医療福祉センターの引地晶久さんにも講演をお願いしています!

申し込みサイト


重度障害者のための「ゼロからはじめる視線入力」
ウワサに聞く視線入力。
はたしてその実際はどんなものなのでしょうか?
今回、教育福祉分野における視線入力活用の第一人者である伊藤史人氏(島根大学助教)を招いて、ゼロからわかる視線入力研修会を企画しました。日本一の重度心身障害者への適用実践者である引地(作業療法士)さんによる事例紹介もあります。
さらには、山形市出身の教諭による、重度心身障害児のだ液によるストレス推定の研究のお話もあります。
これから現場で使おうと思っている方はぜひお越しください!
日 時:2019年2月22日18時45分から20時45分 *開場18時15分
会 場:山形市総合福祉センター 会議研修室2
    山形県山形市城西町二丁目2 番22 号
講 師:伊藤史人(島根大学)・菊池直実(岩手県立盛岡青松支援学校)
    引地晶久(西部島根医療福祉センター 作業療法士)
参加費:1,000円
定 員:30名
主 催:出雲国スイッチ工房(島根大学)
共 催:i-C”t いわて(特別支援教育ICT 活用支援グループ)
【講師紹介】
伊藤 史人
島根大学総合理工学研究科 助教
重度障害者のICT を活用したコミュニケーション支援技術を研究。教育福祉分野において実践を重視した研究開発を行っている。日本一使われている視線入力訓練ソフトである「EyeMoT(アイモット)」の開発者。バリアフリーマップアプリ「WheeLog!(ウィーログ)」の技術責任者。2017 年、NHK 日本賞にてクリエイティブフロンティア部門最優秀賞受賞、その他各種受賞多数。
ブログ: https://www/poran.net/
引地 晶久
西部島根医療福祉センター 作業療法士
日本最多の重症心身障害児者への視線入力実践者。重度障害者の「できる」「わかる」を探求中。
菊池 直実
岩手県立盛岡青松支援学校 教諭
山形県立山形北高等学校出身
重度重複障害児の唾液アミラーゼ研究及び SMAⅠ型生徒とスイッチ入力に取り組む。
ブログ: https://ameblo.jp/naoblauhimmel/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。