【日本賞】JAPAN PRIZE 2020 に応募しませんか?7月31日迄です。

Hits: 252

これまでいろいろ受賞させてもらいました。

目的はひとつ,自身の活動をしやすくするためです。ちょっとした受賞でも,有ると無しでは大きな違いがあるからです。

私は,地方辺境国立大学の最下層大学教員である助教というポジション。しかも高齢の40代!大学中退で,かつ地方公立大学の博士号という最貧弱属性。

東大をはじめとする旧帝大修了の博士号所持者が当たり前の大学教員の世界。私には,何としても学歴以外に信用に足るパラメータが必要なのです。もちろん,論文が最強のパラメータなのですが,I/Fの高い雑誌とは縁がなく。。。

同じことを話していても,受賞歴があれば信じてもらいやすくなります。誰かと会おうとしたときに会える可能性が高まり,さらに信用してもらえるのかもしれないと考えているからです。

つまり,それが私の生存戦略。

まあ,今の私の場合,太っていることですべてがパーになっているわけですが。

それはそうと,2017年の最優秀賞をいただいた日本賞の案内がNHKから届きました(JAPAN PRIZE 2020)。この賞は,教育コンテンツを対象にした世界的コンテストで,授賞式には皇太子もご登壇されます。それだけ由緒ある賞なのです。

エントリーだけでも損はしません。まとめた情報はきっとその後の役に立ちます。

日本賞2017からもう3年。これがあったからこその出会いもありましたし,できたこともありました。大学では記者会見まで開いてもらえました。

ぜひ,応募してみませんか?

こうして,身近な人達に祝賀会を開いてもらったのもいい思い出です。今更ながら感謝の念に耐えません。

ありがとうございました!

祝賀会でのムスメ弐号「チョコ食べてないよ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。