水戸特別支援学校の校長さんより体験会資料が届きました

Hits: 3086

茨城県立水戸特別支援学校の宮山校長より,校内開催の視線入力イベント資料が届きました。

ちなみに,水戸の支援学校には,今年1月,COVID-19拡大感染前ギリギリで講演&訪問していました。2日連続!

宮山校長は実にフラットでフットワークの軽い方です。こんな校長さんが多かったら,支援学校はものすごく変わるのですけどね。

どんな教育制度のもとでも,人によって学校はすっかり変わります。もちろんいい方向にも!

まずはイベントとしての視線入力体験会のようですが,近いうちに常設していつでも使えるようにするそうです。すごい(^o^)

視線入力に限らず,こうして子どもたちに必要なものを,管理職が率先して導入していく姿にはたいへん勇気づけられます。

ダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。