【8月1日・Zoom】キットでNEWバイブマン(4ch)をつくろう!

Hits: 923

バイブマンの頒布は,マンゴーフェニックス國の みやびProject さんにお願いすることとなりました。今後,大学と契約を結びます。

それに先立ち,NEWバイブマンの完成度をより高めるため,モニター利用を開始いたします。

現在,お配りできるモニター品は9台あります。試用アンケートに回答するなどの条件で6,500円(送料込み)でお分けしたいと考えています。部品点数が大幅に増えたこと,タッパとはおさらばしたことから原価が上がっていますm(_ _)m

同時に,部品のみのモニターキットも5,500円(送料込み)で提供いたします。16個の部品をはんだ付けすればオッケーです。

キットについては,以下の内容で,モニター協力者を対象にZoomのオンラインセミナーで製作のサポートをいたします。バイブマンアプリについてもレクチャーする予定です。

【オンラインセミナー】組み立てキットでNEWバイブマンをつくってみよう!

日 時:2020年8月1日21時から22時30分
場 所:Zoomミーティング
対 象:重度障害児・者の支援者および当事者
定 員:50名
参加費:無料 *モニター版の組み立てキットの購入が必要

申し込み:Doorkeeper *期限:7月28日

申し込み時に入力したご住所に組み立てキットをお送りします。
キットの代金(5,500円)は後払いです。同封の案内に従ってお支払いください。

用意するもの
ハンダごて・ハンダ(鉛入り)・プラスドライバー・スイッチで動く機器(おもちゃ・扇風機など)・ニッパー・セロテープ・大きめの目玉クリップ

本オンラインセミナーでは,組み立てをZoom越しでサポートします。組立時間は約1時間を想定していますが,少しでもはんだ付けの経験があれば30分で終わるでしょう。

組み立て完了後,バイブマンアプリで完成したNEWバイブマンを使います。バイブマンアプリは以下の機能を持っており,NEWバイブマンをフル活用できるようになっています。

  • バイブマンβ1相当の機能
  • EyeMoTとの連動(指定時間リレー動作)
  • ラッチ&タイマー(バイブマンアプリ連動)
  • パネル選択によるリレー連動(4ch/8ch)
    • ワンショット・タイマーおよびラッチ
    • 音声登録
    • 環境制御としても利用可能
  • インターネット接続による遠隔利用
    • 1対多接続(ある一人が複数名のバイブマンを一斉動作させる)
    • 多対1接続(複数名がある一人のバイブマンを動作させる)
  • 遠隔演奏
    • 多対1接続による電子ピアノ演奏

!部品確認!

不足がありましたら,Doorkeeperのメッセージ機能で連絡してください。

「組み立てキット」の内容物

  • USBケーブル 1本
  • オーディオケーブル 1本
  • リレー 4個 *黒く四角い
  • LED 4本
  • LEDカラーキャップ 各色2個(合計8個)
  • ダイオード 4本
  • オーディオジャック 4個
  • スペーサー(15mm) 4個
  • スペーサー(5mm) 4個
  • M3ネジ 8個
  • ゴム足 4個 *シール台紙
  • アクリルパネル(透明) 1枚
  • アクリルパネル(スモーク) 1枚
  • プリント基板 1枚
  • Arduinoマイコン 1個

「はんだ付け済みキット」の内容物

  • USBケーブル 1本
  • オーディオケーブル 1本
  • はんだ付け済み基板 1枚
  • LEDカラーキャップ 各色2個(合計8個)
  • スペーサー15mm 4個
  • スペーサー5mm 4個
  • M3ネジ 8個
  • ゴム足 4個 *シール台紙
  • アクリルパネル(透明) 1枚
  • アクリルパネル(スモーク) 1枚

ハンダ付けと組み立て

① ダイオードを取り付ける

基板のシルク印刷では下側に白い帯がありますが,ダイオードの白い帯が上側になるように取り付けてください。

ダイオード

② ミニジャックを取り付ける

目玉クリップなどを利用して,基板に固定してハンダ付けすると失敗が少ないです。この部品は抜き刺しにより力が加わるので,ハンダは多めに盛る必要があります。

ミニジャック

③ LEDを取り付ける

基板のシルク印刷に合わせれば大丈夫です。LEDの底面が基板に密着すると見栄えがよくなります。

LED

④ リレーを取り付ける

穴に合うように取り付ければ大丈夫です。裏返す時に抜けやすいのでセロテープなどで固定してもいいでしょう。

リレー

⑤ Arduino を取り付ける

USBコネクタがリレー側に来るようにしてください。足が多いので,隣の足に気をつけてハンダ付けしてください。

Arduino

⑥ スペーサを取り付ける

短いものと長いものを組み合わせて使います。短いものを裏面から貫通させます。手が回すくらいのチカラで大丈夫です。ペンチで強く回すと基板を傷めます。

スペーサー

⑦ アクリルパネルを取り付ける

ねじでアクリルパネルを取り付けます。あまり強くねじ込むとアクリルパネルが割れます。

透明なものとスモークのものがありますが,上側を透明にするとLEDが確認しやすいでしょう。

LEDキャップは,アクリルパネルを取り付ける前にLEDに被せてください。どの色をどのポートに使うかは自由です

アクリルパネル

⑧ 動作テスト

バイブマンにUSBケーブルを接続し,電源の入ったPCに接続してください。通電し,4のLEDが流れるように光り,それに合わせてリレーのカチカチというおとが聞こえれば正常です。

想定される不具合

  • PCに接続しても何も反応しない
    → PCに電源が入っていない・Arduinoマイコンのハンダ付けに失敗した(ショートした)・Arduinoマイコンが破損した
  • 特定のLEDとリレーが動作しない
    → ダイオードを逆に取り付けた
  • 特定のLEDだけが光らない
    → ハンダ付けが不十分・逆に取り付けている・熱を加えすぎて壊れた
  • LEDも光り,リレー音の確認できたが接点信号が出ていない
    → ミニジャックのハンダ付けに失敗した

パーツリスト

今回製作したバイブマンBeta2のすべての電子部品は,以下から確認できます。プリント基板は含まれていません。

部品を取り外す際は,ハンダを除去する必要があります。こちら(はんだ吸取線)を使うといいでしょう。

5 件のコメント

  • とても興味があります はんだづけをやったことがありませんが、参加しても大丈夫でしょうか?

      • 伊藤先生からメールが届いていたのに気がつくのが遅く、はんだづけ済みキットの申し込みが締め切られてしまいました
        確実に成功させたい方とのこと 申し込み間に合いませんよね

  • 伊藤先生 お久しぶりです。
    広島支援機器研究会の魚坂です。NEWバイブマンが欲しいのですが8月1日は所用が入っています。組み立てキットのみの注文ができますでしょうか。よろしくお願いします。

    • 今回はモニター利用におけるオンラインセミナー向けの提供となっています。
      つまり、まだ試作です。
      8月中には提供開始しますので、今しばらくお待ちください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。