私の視線入力装置遍歴2021(Tobii編)

Hits: 153

2010年からゆるく関わり始めた視線入力装着。

はじめて体験したのは2006年のパソコンボランティア関連のイベントだったと思います。

その後,2010年からALSの方のサポートを目的にマイトビーP10を触りはじめました。

2012-2013年には,マイトビーC15・Tobii PCEye や PCEye Go を準備。

2014年はローコスト視線入力装置が登場した年でした。すぐに,Tobii EyeXを買い,その精度の高さに驚いたものです。

ただ,対応ソフトが何もないので余暇でEyeMoTを開発。

2017年には,Tobii 4C Eye Tracker が登場し,より使いやすくなりました。同時期にPCEye miniも発売。

2020年には,4Cや mini の後継として,Tobii Eye Tracker 5や PCEye 5 が,より機能と性能を向上させて登場しました。

およそ,3年毎に大きなアップデートがされてきた Tobii製の視線入力装置。次はどんな進化になるのでしょうね。

たぶん,また買うでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。