難病コミュニケーション講座 in 杜の都

DSC_0397

昨日の研究班会議を新潟県柏崎市で行い,夜行バスで宮城県仙台へ。
仙台駅前のまんが喫茶で時間調整して,仙台市郊外の泉中央駅近くで行われる「難病コミュニケーション支援講座 in 仙台」へ。

こんな感じのメニューです。

  • 「SMA(脊髄性筋萎縮症)に対するコミュニケーション支援の実際」(仮題)
    熊本保健科学大学保健科学部リハビリテーション学科言語聴覚学専攻
    准教授 言語聴覚士 佐々木千穂
  • 「スイッチの適合について」
    パナソニックエイジフリーライフテック 松尾光晴
    NPO法人ICT救助隊 今井啓二
  • 「身近になった視線入力~ゲームとコミュニケーションを通して~」
    島根大学総合理工学研究科ヒューマンインタフェース研究室
    助教 伊藤史人
  • 今ココ → 「東北福祉大学におけるICT支援者育成の試みについて」
    東北福祉大学総合マネジメント学部情報マネジメント学科
    助手 高橋俊史

杜の都仙台,さすが東北だけあって空が高いです。
やっぱり,私は東北が好きですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。