久々に、3Dプリンタ稼働!でも限界が。。。

Hits: 160

研究用の部品作成のため,久々に3Dプリンターを稼働!

いま,私が持っているものはホビー用の10万円ちょっとのおもちゃ。

XYZプリンティングのダヴィンチ 1.0 AiO

恐る恐るプリンタの中を確認すると,エクストルーダにABSのフィラメントが溶けてぐちゃぐちゃになっており,使えそうにもない状態。

たぶん,最後に使ったとき,造形に失敗してモデルが崩壊したのでしょうね。

で,まずはお掃除から。

この機種はプラットフォームのキャリブレーションが手動で,これも中々たいへんでした。

3Dプリンターはもともと博士課程の研究でも使っていました。

その時のものは3百万円くらいしたようです。

上記の足のモデルは,20年前の私のCTデータから手持ちのホビー用プリンタで印刷したもの。

自作ソフトで大量のCTデータを処理して,皮膚・筋肉と骨に分けて3Dデータを生成。

赤ちゃんのデータはムスメ弐号。乳児の時,スマホで3次元にして出力。

ただし,ホビー用での印刷なので品質はそれなり。

さきほど,手持ちの3Dプリンターのリハビリのために,ArduinoのモデルをABSで出力。

それなりに出力できましたが遅い。。。

積層厚も今のホビー用にも劣るようです。

ところで,やっぱりプロ用はすごい。

上記写真のカラーのモデルはムスメらのもの。もちろん,撮影も出力も外注。

サイズも合わせて印刷してもらい、成長がわかるようになっています。

あー,新しいものが欲しいな。

研究用途としては,振動デバイスの部品などを出力予定です。

ちゃっかり,Amazonの研究支援品リストに加えております(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。