【EyeMoTクラファン2022】第2目標で取り組む課題

Hits: 128

みなさまの強力なご支援により、第1目標の350万円を3日間で達成できました。主なテーマは、EyeMoTの維持にあります。

第2目標は550万円として、主にハードウェアの開発に取り組みます。主な各課題は以下になります。

  1. デモ機の用意
    貸出無料のデモ機として、おおむね5台セットを準備します。送付用の梱包セットや、設置マニュアルも制作します。
  2. フィードバック装置 EyeMoT ボックス 8ch版の開発
    既存の4ch版を改修して8ch版を開発します。4chでは不十分なラジコンや電動車いすの操作が可能になります。
  3. 振動フィードバックモジュールの開発
    EyeMoTボックスと連動する振動モジュールを開発します。モジュールは小型の振動モーターを利用して、リストバンド型を想定しています。
  4. 心拍入力装置の開発
    EyeMoTシリーズへの入力装置として、心拍を使います。3DXの「運動会」で使えば、視線もスイッチも使えなくても、心拍数だけでゲームに参加できます。

近日中に、リターン(ギフト)を追加予定です。追加次第、ポランの広場でもお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。