【わかりやすい統計】頭のいい人は難しいこともわかりやすく説明することができる

Hits: 261

難しいとことを、難しそうに話すことは実に簡単です。

本人がきちんとわかっていなくても、専門用語を羅列して相手を煙に巻けばいいわけです。

わからなかったら、相手のせい。

これ、アタマの悪い人。

特に、統計の分野は何だかイメージしにくいですし、解釈に違いが出やすいものですから。

一方、アタマのいい人は、具体例をしっかり示しながら、噛み砕いて説明することができます。

例え話が上手なのもアタマのいい人に顕著ですね。

そんな、アタマのいい人の統計の話はこんなにわかりやすい!というのが以下の動画。

私もちょくちょく見ている動画です。

でも、アレですよね。

統計って、p値とか出すだけで「やった気になる」、わりと自己満足的なツールになりやすいと考えています。

そもそもの母集団があやしいのに、うやうやしく t検定!とかやってしまったり。

10とか20のサンプル数での t検定 はほとんど意味ないですよね。

練習にはなると思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。