月食を仰ぎ観る

Hits: 41

日本時間2011年12月10日、11年振りの皆既月食となった。

私は、少しでも暗いところから見ようと、自転車に跨り見やすいところを求めて走りまわった。

幸い、雲ひとつ無く、ほぼ真上の角度であったため建物が邪魔で見えないということもなかった。

つまり、その辺の道でも見えたのであった。

寒い中、三日月のような月やぼんやり赤い月を堪能した。

そして、私は月を見るよりも、月を観る人々を見るのに興味を覚えた。

しばらく走って近くの繁華街である吉祥寺へ。

案の定、駅や飲み屋から出てきた人は、朝から話題のニュースとなっていた皆既月食を仰ぎ観ていた。

月食を見る人々2

「マジで~!」とか「何あれ~」、「普通に見えてんじゃん!」など反応は様々。

確かに、皆既日食に比べれば地味かもしれない。

光の回折により、月が真っ暗になることはないからだ。

それでも、普段、特段上を向いて歩くこともない人々も今日はみんなで楽しそうに空を観ている。

月食を見る人々1

寒い夜の街で人ごみを歩いている人々とも、共通した関心事があるということがほんのり嬉しいひと時であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。