運転教本的なもの「逝かない身体」

Visits: 51

ボスである川口有美子さんの著書。

本日訪問したお宅でも、言語的コミュニケーションが確かではない相手を前にした時の思いは、障害種別や年齢を超えて共通していると痛感。

そして、すぐに頭に浮かんだのがこの本。言語的コミュニケーションに大きな困難があったときの心構えを教えてくれます。

重度障害児、重度障害者に関わる人は必読だと思います。

https://amzn.to/3QZthuc

運転教本的なもの「逝かない身体」” に対して1件のコメントがあります。

  1. 井出里美 より:

    もう何年も前に読ませて頂きましたが、また読み直したいと思います。平岡さんと一緒に働いていたので、著者のお話は伺っていたのですが、分厚いけど当事者にはスイスイ読めると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です