【実験】密室(個室)のバリアフリーをシミュレーション

Visits: 82

3Dモデルをかんたんに撮影して合成できる時代

狭い空間のバリアフリーは、行かないとわかりません。

でも、テクノロジーがあればそれなりにシミュレーションできます。

多目的トイレと利用者(ゆりこさん)は別々に撮影して、ソフトで重ね合わせ。

かつては、現物の3D化を行うのは大層な労力でしたが、今はスマホでサクッと。

手持ちのモノだけでできるので、ほぼ無料!

八天堂と過ごせるなんて天国じゃ

こちらは、5万円くらいかけて撮影&出力したワタクシの遺フィギュア。

もう7年前の姿なので撮り直さないとな。

サイズ感

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です