出雲国大学 × b-Freeプロジェクト

出雲国大学は島根県松江市にあります。
プログラミング言語Rubyの生みの親は松江市在住。
そんなこともあり,島根県や松江市は地域を挙げてRubyの発展を支援しています。

この流れの中でオープンソースやオープンデータの活用も盛んになっております。
私がCTOをつとめるb-Freeプロジェクトは非営利団体ですし,オープンデータを積極的に生かしていくこともあり,大学との親和性は高いのです。

先日,b-Freeプロジェクト代表の織田友理子さんが出雲国大学で講演を行いました。
その時の模様が,大学公式HPにアップされていましたので備忘録として投稿いたします。

先日島根大学にて講演した様子を大学ホームページに掲載していただきました!!!主催された島根大学の野田哲男教授とはこれからもb-Freeの研究を進めていけそうでますます楽しみです☆http://www.shimane-u.ac.jp/docs/2016040700037/

「みんなでつくるバリアフリーマップ」プロジェクトさんの投稿 2016年4月9日

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。