ロビンソン神社

スピッツの代表曲のひとつ「ロビンソン」。

私の住む小平市に、この曲に馴染みのある神社がある。

その名も「ロビンソン神社」。

実際の名前は「小平天神」。

草野マサムネがスピッツをはじめて間もないころ、青梅街道沿いにあるこの小さな神社でロビンソンの曲がインスパイアされたという。

ちなみに、ロビンソンという名前自体はタイのロビンソンデパートから取ったらしい。

この曲がスピッツの大ヒット曲となったこともあり、願をかけてしばらくは毎年小平天神へ初詣に行っていたというが、最近はどうなのだろう。

まあ、草野マサムネが行かなくても、ここは地元の人でたいへんな賑わいであった。

決して大きくない神社なので、100人も来ればすぐに行列となる。

せっかく行ったのだけど、風邪を引いてもつまらないので、境内には入って散歩だけした。

正月早々地震があったりしたが、今年は大きな災害が起きないことを願わずにはいられない。

「ロビンソン」のように、宇宙の風に乗れるよう、まずは自分の心は清く保っていきたい。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。