私、前科1犯になります。

Hits: 2646

20161021_01
私の研究は,難病患者さんやご家族の勇気と苦労の上に成り立っています。
だから,自分のこともできるだけディスクロジャーする必要があると考えています。

私は,来週の略式裁判をもって前科1犯になります。

9月27日,岩手県の県道13号線下り矢巾町付近にて34km/hオーバー(速度84km/h)のスピード違反で捕まりました。
いわゆる一発免停の赤キップ。
その場での聞き取りでは「ん?島根の人?」「何で岩手ナンバーの車で?」「どうして岩手にいるの?」などいろいろ質問されました。
さぞかし怪しい人物にうつったのでしょう。
ちなみに,乗っていた車は妻の車,トヨタのポルテ。

岩手県紫波町に住むALS患者さんの訪問後,ムスメ初号の幼稚園に迎えに行く途中でのできごとでした。
言い訳がましくいえば,見通しのよい広い道路で50km/h制限になったところでの違反。
運が悪いといえばそうなのですが,うっかりしておりました。

30km/h超えのスピード違反となれば,行政処分だけでは済まず刑事処分も加わります。
つまり,裁判所で裁判を受けるのです!
生まれて初めて裁判所へ行きます。

まずは本日の運転免許センターへの「出頭」。
これは行政処分。
運転免許センターに行って丸一日の講習会を受けなくてはなりません。
講習後のペーパー試験の結果によって,免停期間の短縮日数が決定されます。
うまくいけば29日の短縮に。
私の場合,30日免停なのでペーパーの成績によっては1日のみの免停となります。
せっかく受講するなら,しっかりお勉強しないとですね。

来週は裁判所での略式裁判。
ずいぶんご丁寧な案内状だったのは驚きましたが。

平成28年9月27日の交通違反につき,下記の通り交通裁判にお出かけください。

でも,しっかり「罰金」の記載。
反則金ではなく罰金!
前科1犯になることを実感する部分です。

一発免停も初めてですし,まして裁判所での裁判はなおさら。
今回の件で,日本が確かに法治国家であることを実感しました。
行政処分と刑事処分の違いについても理解が深まりました。
いくらかのお金が飛び,前科1犯がつくことになりましたが。

前向きに考えれば,リアルな勉強ができたとも言えます。
いつから免停が始まるのか,講習を受けなかったらどうなるのか。
はたまた,略式裁判と正式裁判の違いなど。
あまり関心のないことを勉強する機会にもなりました。

何よりも,安全運転への大きなモチベーションとなりました。

今日朝一の免許センターでの講習へは車を運転して行ってはなりません。
行きについては免停が開始していませんのでセーフですが,帰りは免停期間になっておりアウト!

片道12km,自転車で行ってきます。
ダイエットにもなりますね。

 

2 件のコメント

    • はい、犯罪だからこそ自戒の念の込めて書いているのです。隠しても犯罪は犯罪でしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。