私はシゴトができません。

私はシゴトができません。
特に事務的な書類作業は致命的なほどです。

そもそも,早めにきちんと取り組めばいいのでしょうが,それができないというのは一種の障害でしょう。
そう,大人の発達障害!
まだ多くの方にはカミングアウトしていない事件事故を考えれば,間違いなくそうです。

でも,言い分もあります。
せっかく大学の事務システムがIT化されているのに,なんでシステム登録後に紙に印刷して押印が必要なのか?
ファイルサーバーを使えばファイルのやり取りは楽なのに,どうしてひたすら添付メールでやり取りをするのか?

ちょっとだけでも合理化してくれたら,私のようなデキの悪い教員のシゴトがアシストされて,きっと事務職員のみなさんも楽になるというのに。
分かってます。脈々と続いてきた事務作業の伝統をなかなか崩せないことは。
既存業務をシステム化をする時,押印を無くした場合に発生するかもしれないトラブルへの恐怖だったり,単にあの赤い印があることに安心していたりで無くせないのです。
実際は,押印なんか本人確認のためにちっとも役に立たないのに(特に,「伊藤」)。

と,現実逃避しておりますが。。。
さあ,苦行に戻ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。