松江にもCIL!

20141029_01

松江市に住む谷田さん(ベッド上の男性)、今でも在宅で地元テレビ局勤務のサラリーマンです。
今週から市内の病院に入院しました。
来春から環境を整えて在宅生活再スタートの予定です。

松江CILの再興をめざす中村さん(ストレッチャー上の女性)らとともに、自薦ヘルパーの募集について打ち合わせ。
松江市は人口20万人と、東京都中野区の人口よりも少ない小規模な自治体。
約5,000人の学生を擁する島根大学、重要な若手ヘルパー供給源になりえます。
なかなかそううまくはいかないのは分かります。
でも、重度の身体障害であっても、自分の家で暮らしたいのなら、実現できる世の中であって欲しいものです。

私は福祉行政に精通しているわけでもなく、まして医師でもなく、できることはささやかなもの。
邪魔にならないよう、お手伝いできればと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。