ALSとヘッドマウントディスプレイ

岩手県のALS協会会長さんです。
先週末の訪問時のひとこま。

額にはコール用の自作コイルスイッチを取り付けています。
愛用のオペレートナビは、チューブを噛みこんで操作していますが、最近は生理反応と口元の痙攣で入力精度が落ちてきているようです。

この時はちょっとお遊びで、最新のヘッドマウントディスプレイを装着してもらいました。
EPSONから発売されているMOVERIOです。

EPSON MOVERIO

これをメガネのようにかけると、スクリーンがシースルーで浮かび上がって見えます。
MOVERIO は Android で動作していますので、当然ながらスマホと同じような画面が表示されます。
操作もスマホ同様ですし、ネットも当たり前のように使えます。
誰からも画面を見られず秘密の情報をやりとりすることも可能!
そもそもは映画を見るための装置なので、エンターテインメント利用もいいでしょう。
パソコンにつないで、ディスプレイ代わりにすることもできます。

人によっては目が疲れたり、メガネのつるで痛くなったりするかもしれません。
あまり動かない患者さんの場合は、眼前にかざすようなものならちょうど良さそうです。
ガンダムのコックピットで見られる、背面から引っ張りだす照準器のような。

しばらくは。こうしていろいろな機器を試していきたいと考えています。
もちろん、オリジナル機器の研究も行いながら。

20141010_01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。