DonTac2017参加速報

始発の特急やくもに揺られて桃太郎の里に出て,山陽新幹線で小倉へ。
そう,DonTac2017 へ参加するためです。
DonTac は,ICTを使った特別支援教育やコミュニケーション手法を扱うイベント。
私は,いくつかの視線入力ソフトとワンスイッチゲームを展示してきました。

主に支援学校教諭のグループが主催しており,参加者の中には私のような大学教員もいますし,コメディカルもチラホラ。
さまざまな職種が集まるというのはいいことですね。
さらには,障害当事者のけっこういたのもすばらしいです。

160名を超える参加者があったとのこと!

私は「成功体験」を重視した視線入力ソフトウェアを展示。
簡単なゲームですが,コレがけっこうしっかりキモをおさえているのです。
なので,どんな小さな子どももやりたがります。
そしてできてしまう。

入り口の受付では伝説の号になるだろう「はげみ」が平積みされていました。
60冊以上は売れたとのこと!

ところで,展示している人もいくらか話す機会があるということでしたが,雰囲気的にそれはやらずじまい。
せっかくの発表資料が~。

また,今回は別室での講演が企画されたので,ほとんどの方がそちらに流れてしまいました。
展示しているわれわれはけっこう暇に。。。
去年のような,展示メインでガヤガヤやってる会がよかったかな。

ちと,不完全燃焼。
ただ,このような企画自体が貴重ですから今後も続けてほしいですね。

1 個のコメント

  • おはようございます。参加させていただき子どもたちがたくさん体験させていただきました。在宅教育の生徒さんが視線入力での学習ができるのではという段階なのですが、参考になればと参加させていただきました。映像と振動でグイっと心を掴んで繰り返して視線での入力が自然と楽しいものに感じられますね。今後ともよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。