【研究発表資料】自分で「できる」を広げる支援~視線を活用して~

表紙を拝借

魔法のプロジェクト」という企画の「魔法のダイアリー」なる活動において,視線入力を中心とした研究報告があったようです。EyeMoTを活用していましたので,ポランの広場でも共有いたします。

(ダウンロード)研究発表資料『自分で「できる」を広げる支援~視線を活用して~』

この資料の作成者は,東京都立府中けやきの森学園の山下さん。

こういう情報重要!

ごくごく基本的なことから資料にまとめています。なんかいいですね!

はじめて視線入力を知る人にとってはこういった情報が重要です。バイブマンもしっかり使っているということから,山下さんの本気度を感じます。

はずかしいですねえ

ポランの広場を読み込んでいますね。嬉しい限りです。ポランの広場には,一見雑多な情報がたくさん載っていますが,私としては吟味した情報ばかり。これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

動画が見たかった!

視線履歴はもう少し利用して欲しいところです。が,難しいですよね。。。

今後のEyeMoTでは,エクセルで分析しなくてもそれなりの解析ができるようにしていく予定です。

きちんと有意差を求めている!

驚くべきことに,「魔法のダイアリー」の資料はほぼすべて統計的な裏付けがなされていました。これには驚きしました。

一般に,教諭の人たちの報告って,主観的な考察が目立ちます。「魔法のダイアリー」の活動では,しっかり統計処理の指導があるのだと思いました。すばらしい!

ぜひダウンロードしてご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。