「透明度」は正義なのでしょう

東芝の不正経理問題といい,東京オリンピック競技場のコスト問題といい,諸悪の根源は「不透明性」。
いずれも,透明性の高い仕組みの上で運用されていれば事は大きくならずに済んだはずです。
透明度は正義なのでしょう。

そんな中,出雲国の海は地球最大級の透明度を誇っております。
どんな小魚さえ隠れて泳ぐことはできませんし,ノーパンで入水すればすべてをさらけ出すことになるでしょう。
私が通っていた中学校のプールの,3日目の水よりもずっとずっと透明度が高いのは間違いありません。
潜水艦にとっては地獄。もうまったく隠れるところがないので光学迷彩機能が必要なくらい。

自宅駐車場からクルマで20分の砂浜。
宮城県は気仙沼大島の十八成浜(くぐなりはま)の鳴き砂のように,グリグリ踏み込めば鳴きそうな砂。

ああ,盛岡の空の高い夏が懐かしいです。
再来週の27-29日は講演のために盛岡・花巻に!
地図なんてなくても,DNA式メモリーナビがあるから大丈夫。

わたしたちは
氷砂糖をほしいくらいもたないでも
きれいにすきとおった風を食べ
桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。

宮澤賢治

20150720_01

2 件のコメント

    • 透明度の高い社会になれば自然と生きやすくなるのでしょうね。
      一部の悪巧みする人たちを除いては。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。