視線入力評価ゲーム、「福祉機器コンテスト2019」一次選考通過!

「視線入力の定量的な評価はどうしたらいいのだろう。。。」

われわれは簡単なゲームを通して,視線入力スキルの評価を行えるようにしました。

【試作版】視線入力評価ゲーム

この度,本ゲームが福祉機器コンテスト2019(学生部門)の一次選考を通過し,第34回リハ工学カンファレンス in さっぽろ にて展示&審査されることとなりました。

エントリーしたのは出雲国大学M2の長井くん。

もし,当該カンファレンスに参加される方は,ソフトを体験して審査してくださるようお願いいたします。

なお,このソフトはあくまでもゲームですし,キャリブレーション精度にも大きく左右されますので,眼球運動の評価には使えません

その点は誤解なきようお願いいたします。

また,当然ながら検査ツールでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。