【募集中】旭川荘療育・医療センター 「重度な障がいがある子どもたちへの支援~視線入力機器の活用~」

チラシ(表)

岡山県立岡山支援学校を会場に 旭川荘療育・医療センター 主催の「重度な障がいがある子どもたちへの支援~視線入力機器の活用~」 が行われます。

講師は,いつものおじさんたち!

  • 福島 勇 先生 福岡市立今津特別支援学校 教諭
  • 引地晶久 先生 西部島根医療福祉センター 作業療法士
  • 中島勝幸 先生 株式会社ユニコーン 代表取締役
  • 伊藤史人 先生 島根大学総合理工学研究科機械・電気電子工学領域 助教

お近くの方はぜひ!

上履き持参とのこと!忘れずに!

ご案内
近年ICT(情報通信技術)の発展により、障害を持つ人たちに対して様々な情報機器を使用した生活支援がなされるようになってきました。そして手足の操作を必要としない画期的なツールである「視線入力」も、どんどん普及してきています。しかし視線入力と言っても実際どのような種類があり、どのように使い、どのような活用方法があるのか、興味はあっても、よく知らない人も多いのではないでしょうか。

今回「視線入力機器の活用」をテーマとし、我が国で最前線に立って視線入力機器の実践をなさっている講師の先生方から、基礎知識や具体的な活用方法を学びたいと思います。そして1人でも多くの実践者や生活に取り入れられる当事者の方々が増えることを願っています。多くの方の参加をお待ちしています。


旭川荘療育・医療センター 中村哲朗(作業療法士)
旭川児童院通園センター 羽原史恭(理学療法士)

日 時 :令和元年9月29日(日)10:00~16:00 受付9:30~
場 所 :岡山県立岡山支援学校
対 象 :ご家族(当事者)、セラピスト、児童指導員、特別支援学校教諭、保育士 等
受講費:無料  *上履きを各自ご用意ください
定員:100名

チラシより
チラシ(裏)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。