2020初夏の延命デー。いつもより多く刺されました(T_T)

Hits: 321

デブ化すると,いろいろな面で苦労するようになります。

スーツが着られなくなる・公共機関の座席が狭く感じる・人から信用されなくなる・臭くなりやすくなる・ズボンの股の部分が破れる・座ってても腹が苦しい・店員さんからの扱いがぞんざいになる・オンライン時の映像に自信がなくなる・胃酸が増えて胸やけしやすくなる・顔がさらにデカくなる・乳首が透けやすくなる・座敷の飲食店に嫌悪感を感じる・ムスメにもデブといわれ,そして,モテなくなる(元からか)。

それだけではなく,注射による採血や点滴の時に血管へのアプローチが難しくなるのです。血管が細い方もそのようですが,デブもそうなのです。自分の怠惰のせいなので,看護師や医師に申し訳ない限り。。。

6月12日は点滴治療日。いわゆる化学療法ですね。

そう,延命です。

今回は右2ヶ所・左3ヶ所の穴が空きました。

本当は2ヶ所でよかったのに(T_T)

幸いなのはそれほど刺されるのはイヤではないということ。

一部では導入が進んでいる血管可視化装置があれば,少しは楽になるのかな。今日は,いつも苦戦する医師がそんなことを言っていました。

こういう支援機器は,デモを見るのと実際使うのとでは大きな違いがあるものです。

まして,人体に使うものですから,使用者はより慎重にならざるを得ません。

ミスして「画像では出てたのに~」と言ったところで患者は傷つくわけですから。下手したら医療裁判!

点滴自体はいつものように終わりました。

これで,数週間の予定が立てられます。

私のことを必要としてくれる方は,ぜひ連絡してください。

今がチャンスです!😁

太ってから逆流性胃腸炎になっているような感じで,医師に伝えて薬を増やしてもらいました。もともと尿酸が高いのでそれも。

もうフリスクを食べる気持ちがなくなるなー。

そっか,錠剤ならフリスクの缶に入れておけばいいのか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。