35年ぶりの七五三

20151107_01
自分の七五三から35年,3歳になったムスメ初号の七五三にドライバーとして同行。
神社でもらった千歳飴がどうも短いような気がします。
時代の流れか祈祷料によって決まっているのか。
未だ,この七五三という行事にどんな意味があるのかわかっていません。
とりあえず,出雲国にてそれらしい形で執り行いました。
きっと,一生の思い出になるのでしょう。

(備忘録)
ムスメらは,朝8時から自宅近くの美容院で着物とヘアーのセット。
私は起き抜けのヘアーと久しぶりのスーツ着用。
なんと、ネクタイの締め方を忘れかけていました。
美容院では,ネットで見つけたカメラマンさんと合流。

まずは,島根原発近くの佐太神社へ。
古代日本を感じるような,神在月は忙しいという文字どおりの「神社」です。
さっそく祈祷と写真撮影。
20センチもないような短い千歳飴を受領し,国宝松江城へ!

お城周辺では,たくさんの観光客のみなさんに混じっての写真撮影。
きっちり撮ってくれて,カメラマンさんサマサマです。
ムスメ弐号(11ヶ月)には,赤ちゃん本舗で購入した袴型の服を。
通りがかりの人にもノセられて,ついつい歩き出していました。

せっかくなので,堀川遊覧船・松江歴史館や縄手通りも満喫。
ムスメ初号の着物での移動は大変でしたが。。。

夜は安来市の紅葉館へ。
清水寺という1400年の歴史のあるお寺の境内にある旅館です。
高級旅館ではないものの,リアルな精進料理といい,苔生す石段の先に佇むプレミア感といい,人工的に作られたリゾート旅館とは一線を画す質感。
また来たいですね。

明日は,出雲国民ならわかる,カラコロ館・イングリッシュガーデン・フォーゲルパークへ。
なかなかの詰め混み具合です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。