難病コミュニケーション支援シンポジウム in 近畿

20121220_03
天下の台所で行われたシンポジウム。
総合病院の大講堂で行われ,大変多くの人が参加されました。
すぐに申し込み締め切りになったという人気イベント。

難病コミュニケーション支援シンポジウム in 近畿
http://www.alsjapan.org/-article-1028.html

今回のシンポジウムの特徴は患者自らが語ったということ。
シンポジストの全員がALS患者!
こりゃ壮観でした。

Ustreamでネット配信していたことから,数件ほどネット経由で質問がありました。
ある方は,意思伝達装置で文字を紡いで質問を送ってくれました。
口文字での応答を含め,実に多元的なシンポジウムになったと思います。

シンポジウムの映像については,内容を確認後にアップロードされる見込みです。
今しばらくお待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。