鬼門!スカイプグループ通話

20151220_4
ニコニコ動画プロジェクトがひっそりと進行しています。
第一部では,すごい勢いでICTを使いこなす SMA・ALS患者さんを映像でつないでその技を紹介してもらうのです。
第二部では,視線入力システムのワークショップを開催。
視線装置の設置やディスプレイの固定方法を実演します。

ところで,よく私の講演では患者さんとスカイプで1対1接続して療養環境を紹介してもらったりしています。
このプロジェクトでは,一対一ではなく複数人での同時接続が必須。
スカイプは元々そのような機能を持っていますが,使用端末によってはグループ通話がうまくいかない場合があります。

ATAC2015 の期間中,展示の合間を縫って通話試験をしましたが iPhone との接続がうまくいかず。。。
たぶん,Google ハングアウトを使うことになるでしょう。
何度か使ったことがありますが,ちょっととっつきにくい印象。
でもこういったものは慣れですね。

あとはビデオミキサー。
通話画面・PC画面やビデオカメラ映像を頻繁に切り替える必要があるのです。
手持ちの Wivia2 にするか,奮発して10万円の LiveWedge を導入するか。
悩ましいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。