拉致ラリー

201605_01
b-Freeプロジェクトはアプリ開発会社の協力を得て実施しています。
アプリはプログラミングにより作りこんでいくわけですから,当然ながらエンジニアの理解があってこそいいものができるわけです。

そんなこともあり,出雲国では私も車いすに乗ってアプリ仕様を練っています。
実際に車いす乗って,リアルな体験を通してこそ分かることも多いわけです。
b-Freeアプリの設計・開発に関わる人すべてが車いすに乗るべきというのは,もはや言うまでもありません。

そこで,今日はアプリ開発協力会社のエンジニアを拉致して車いすに搭乗してもらいました。
車いすのまま昼食をとりに行ったのでした。
渋谷駅近くにある会社なので,近辺には坂道が多いです。
駅周辺ということもあってか,小さなお店がほとんど。

入りやすそうな「サイゼリア渋谷新南口店」は階段のみの超バリア店。
すかさずアプリで記録。
2店目の「浜ちゃん」はやや難易度の高いスロープがありましたが,介助者がひとりいれば大丈夫。
店内も広めで車いすでも十分に入れました。
すかさずアプリで記録。
コメント等のテキスト入力はその場では大変なので後ほど入力することにしましょう。

そんなことを,実際に車いすに乗ってエンジニアに体験してもらいました。
このような積み重ねを通して,最終的な出来栄えの改善を目指しています。
本日もいくつか改善すべき点が見つかりました。

β版では多くの人に使ってもらえるようにする予定です。
そのためにも実地での検証はどんどん行っていきます。

20160405_02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。