指点字≒口文字

20160405_03
何の因果か,あの福島智先生(東大先端研)といろいろお話する機会がありました。
あるALS患者さんの支援を通じての縁です。

福島先生といえば,盲ろう者として世界ではじめてのパーマネント教授として知られています。
数年前,福島先生のお母様のご講演を拝聴したことがありましたが,まさか一緒にALS患者さんを支援することになるとは思いませんでした。

それはさておき,「指点字」というのは実に鮮やかなテクニックです。
盲ろう者協会のサイトにルールが書いてありますが,点字と基本的には同じとはいえ,目の前で介助者とスムースにやり取り姿には驚きを禁じえません。
ほとんど手品。
ALS患者さんの中には「口文字」を自在に操る人がいますが,これも介助者のスキルが要求されるという点で似ています。

福島先生からご著書をいただきました。
これは楽しみな内容ですね。

今から出雲国に帰国します。
一時間半でどれだけ読めるかな。

DSC_2373

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。