口文字盤の定量解析(2013)

20160525_01
岡部さんの口文字盤による参考人陳述はインパクトがありました。
実は3年前,そんな口文字の動作を解析しようとしていました。
画像の差分やオプティカルフローによって抽出しようとしたのです。

以下,2本出した技術報告書が CiNii にあがっていました。

口文字盤の読み取り支援手法の提案
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009814424

口文字盤読み取り支援システムの検討
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009713352

今回の件で,もう一回チャレンジしたくなりました。
過去の科研費申請では,自動解析をする内容で出したことがありましたがあえなく落選。
今年申請したら通るのでしょうかね。

しかし,これらの報告書はひどい。
文章も変だけど,引用リストの番号までも重複しておる。。。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。